女性専門カウンセリング|全国対応(北海道・札幌近郊・東京・さいたま・名古屋・福岡・大阪)|全国対応(札幌・東京・関東・関西・九州・四国)|コーチング,メンタリング,カウンセリング,セラピ


カウンセリング|女性専門|家族・仕事・生きずらさ・余命宣告|深呼吸スペース > 〔解離性同一性障害〕の研修 ・・・  虐待や性暴力の被害者支援

コラム

〔解離性同一性障害〕の研修 ・・・  虐待や性暴力の被害者支援

掲載日:2016.08.09

 解離性同一性障害って、わかりますか? 以前は多重人格と言われていたものです。簡単に言うと、一人の人間の中に複数の別人格がいる状況ということになると思います。私も詳しいわけではないので、詳しく知りたい方はご自身で調べてみてください。
 以下に私がわかっている範囲のことを書きます。

虐待や性暴力をはじめ様々な暴力や強い苦痛・衝撃を受けた人たちの中には、解離の症状を抱える人たちが少なくありません。しかし解離の症状は、周囲の人たちに理解し信じてもらうことが難しい場合が多いのが現状です。精神科でも統合失調症と診断され、間違った投薬をされたということを耳にしています。精神科に限らず関わる医師や、被害者へのサポートをしている人たちの知識不足が、被害者の解離の症状を更に悪化させることにつながりかねない事態も起きています。仕事や善意や好意で関わった人たちが、知らずに更に被害者を苦しめることになるとしたら、それはあまりにも残念なことです。

 そこで私は、心ある支援者の人たちが解離の症状を理解し十分な知識を持って支援に当たれるようになってほしいと考え、今回の研修を企画しました。

 講師は、私の友達未満・知り合い以上の中島幸子さんです。これまでもこの欄で触れたことがありますし、札幌や恵庭での講演をお知らせしたりご一緒したこともある人です。

 さちさんは、自身が10代の時に、継続したすさまじい性暴力に遭った被害者であり、現在は性暴力被害者支援のNPO代表として日本全国で自治体職員や女性関係団体向けに研修や講演に飛び回っています。ここ数年は、自身に解離の症状があることも公にしています。
昨年の初冬、千歳空港でさちさんと食事をしている時に、医師や支援者の理解不足の話を聞いた時に、「これは研修をしなければ!」と思い、北海道での研修をお願いしました。

 さちさんは快諾してくれましたが、それからは私のほうが大変でした。いろいろな活動をしている人たちに声をかけましたが、予想される実行の困難さに、多忙の多くの人たちは身を引いてしまわれました。仕方がないとは言え、正直「これからどうしよう」と途方にくれたこともありました。それでも、この研修をする大きな意味を感じて、それぞれが自身もかなり多忙な人たち数人が手を挙げてくれました。その数名で、やっと実現するところまで来ることができました。

 日時: 10月23日(日) 10:00~16:30 (09:30~ 受付)
       10:00~12:00  解離性同一性障害を理解するための性暴力被害者支援講座
       13:00~16:30  解離を含む性暴力・虐待等の影響への理解と対応
 会場: 札幌駅近辺(詳しい場所は、申し込みの方に直接お伝えします)
 定員: 40名
 参加費 8,000円(事前振り込みとさせていただきます)
 対象: 性暴力・虐待等の被害者の支援者  当事者やその周囲の人
 後援: 北海道 札幌市 など

 特に支援者ではなくても、もしかするとあなたの身近に実はそういう方がいらっしゃるかもしれません。無理解で傷つけることがないように、知識を持っていることは大事だと思います。また、自分でも訳が分からず苦しんでいる人が、「自分はこういう理由で苦しかったんだ」とわかるだけでも気持ちがラクになったり次のステップを踏むことにつながるとも思いますので、当事者やその周囲の人、そして解離性同一性障害について正しい知識を持っていたい方も参加を歓迎します。

 興味のある方はメールでお問い合わせください。チラシを送付あるいは添付でお送りすることもできます。