女性専門カウンセリング|全国対応(北海道・札幌近郊・東京・さいたま・名古屋・福岡・大阪)|全国対応(札幌・東京・関東・関西・九州・四国)|コーチング,メンタリング,カウンセリング,セラピ


コラム

自分の人生を変えていける人

掲載日:2016.11.29

 最近、攻撃的な言葉をぶつけられることが数回ありました。もう何年もそのような体験がなかったので、さすがの私も一瞬ショックを受けました。そう時間を置かずにすぐに立ち直れたのですが、相手のネガティブなエネルギーが強いので、一瞬は「ぐっ」と衝撃を受けてしまいました。
 今年に入って別のサイトに名前を掲載してもらうようになり、新しい出会いが増えました。より多くの人に名前と活動を知ってもらうということは、そんな私を気に入らないという人とも出会ってしまうということなのでしょう。
 私がその方の気に入るような反応をしなかったために、ものすごく攻撃されるということが2回続きました。「あの人を何とかしてほしい」というその人に「他人を変えることはできないんですよ」と伝えたところから、そういうタイプの人の怒りのスイッチが入ってしまうようです。
 「つべこべ言わずに、すぐに効果のあるやり方を教えて!」という剣幕になります。言わずもがなですが、誰にでも効く有効な方法などありません。まずはある程度話を聞かせていただいて、そこから一緒に考えていくのが私の関わり方です。
 そして多くは、ストレスを感じる相手を前にしても、そこに引っ張られない、それに揺さぶられない自分を確立していくことで、それは自分にとってさほど大きな問題ではなくなります。その人から離れるという選択が必要になることもあります。
 そんなことを一緒に丁寧に探っていくというやり方が気に入らない人は、自分の気に入る答えを差し出さない私を批判し始めます。(「無料お試し」で、批判されるなんてね。)そのエネルギーの強さに圧倒されるほどです。「ああ、この人はこうやって否定されてきたのだな」と感じます。「自分を傷つける相手を何とかしてほしい」と言いながら、自分がその人と同じやり方で他人を傷つけていることに気づいていません。「自分に非は無い!」「あいつを変える方法を教えろ!」というばかりの人は、私の言葉など聞こうとはしません。「何とかこの苦しみから抜け出したい」という切羽詰まった気持ちはわからないではありません。でも、そのためには遠回りなようでも、自分と向き合わなければならないのです。
 一方で、同じように傷つけられてきた人であっても、「もう、こんな人生を変えたい」と心から願い、私とつながる人もいます。そのような人は、まずは私の言葉に耳を傾けてくれます。一つ一つの私の投げかけを、自分の内側に受け止めていきます。すると、「ああ・・」と気づきが生まれます。「今まで考えたこともなかった」ということも、「うすうす思ってはいたけれど、間違っていなかったんですね」ということもあります。一つ一つ丁寧に、私の言葉を自分の内側に確認していきます。
 そこから一歩一歩進んでいく人は、これまでの環境や人間関係の犠牲者の状態にはとどまりません。セッションを重ねるごとに傷を癒し、その人らしさが花開いていきます。そのような時、私は「人って、なんて可能性を秘めたステキな存在なのだろう」と感動します。
 どんな人にもこの可能性があると思います。でも、「あの人を変えて!」と言っている間は、その人の苦しみの主導権は「あの人」が握っているんですよね。
 自分と向き合っていくと、どのような人と対峙しても「この自分はどうなのか」というところに立てるので、相手の言動によって傷つくこともないし、あるいはその人と離れるという選択ができることにもなります。
 人生を変えられない人は、たとえ助言をしたとしても「それはできない」とすぐさまこちらの言葉を却下します。自分の行動は変えたくない。相手だけ変えてほしい。それはムリです。状況を変えたいのなら、これまでと同じことをしていては変わりません。大変でも自分から動かなければ、状況を変えることはできません。
 同じように人から(多くの場合、親から)傷つけられ人生を大きく踏みにじられた人であっても、「今の自分」からどうやっていくかによって、その後の人生が分かれていくことを実感します。親にされたことを無自覚に他人に繰り返している人と、自覚して「自分のところで断ち切りたい」と苦しくても頑張る人。人生は大きく違ってきます。
 今回、否定されネガティブなエネルギーで攻撃されて、それがどれほど大きなダメージとなるかを身をもって体験しました。「親に常にこんなふうにされてきたのか」と思うと、ここからの人生は良い人生を送ってほしいと心から思いました。
 「自分は変わりたくない・変わる必要はない!」と、どれほどひどいことをされたかを訴え続けたい人は、今はそれが必要なことなのでしょう。愚痴をこぼし嘆いて人を批判することが、その人にとっては必要なプロセスであることも否定はしません。そして、それを受け止めてくれる人もいるでしょう。そういう人は、それを受け止めてくれる人を見つけるといいと思います。
 私は、どんなに過酷な体験を経てどんなに大きな痛みや傷を抱えていたとしても、「今ここから、自分は変わっていこう」という強い気持ちを持った人を、支え応援していきたいと思っています。
 投手に「先発」「中継ぎ」や「抑え」などそのプロセスで役割があるように、きっとサポートする人にも得意の役割があるのだと思います。まあ、「すべてできますよ!」という人もいかもしれませんが。
 私は、自分と向き合う勇気を持った人が好きです。「ここから自分の人生を変えたい」「そのためには大変なことにも向き合う」と心を決めた人を応援したいと思っています。私は私のできることを、「私が応援したい・支えたいと感じる人」に全力で向けていきたいと思います。
 愚痴や批判もはじめのうちは受け止めますが、それを続けたい人は、私ではあまりお役に立てません。お互いの時間とエネルギーを浪費しないために、あなたにとって最適な人を見つけてくださいね。
 「ここからは自分の人生を生きていきたい」とコミットした人は、どうぞ私とつながってください。きっとあなたが想像する以上に役に立てると思います。私に、あなたがどんな可能性を秘めているか、そしてその花開くプロセスを見せてくださることを楽しみにしています。